デング熱について★ 【その他】 2014-09-08 16:49 UP!

 

デング熱の感染が県内でも確認されておりますので, ご注意ください

 

1.概要

 蚊が媒介するデングウイルスによる疾患で, アジア, 中南米, アフリカなどの世界の広範な地域で流行しています。

 ヒトが感染しても, 発症する頻度は10%~50%で, 発熱, 頭痛, 筋肉痛や皮膚の発疹等の症状が現れます。

 予後は比較的良好ですが, まれに重症化することもあります。

 ヒト―蚊―ヒトという経路で蚊を媒介して感染します。ヒトからヒトへ直接感染することはありません。

 

2.症状

 突然の発熱, 激しい頭痛, 関節痛, 筋肉痛などが見られます。

 潜伏期間2~15日と言われていますが多くは3~7日で発症します。

 まれに重症化して, 出血やショック症状がみられることがあります。

    ※蚊に刺されてから症状が出るまでの期間

 

3.治療法

 デングウイルスに対する特有の薬はありませんので, 解熱や鎮痛といった, 現れた症状に対する治療を行うことになります。

 

4.予防法

 国内では, ヒトスジシマカ(おもに日中に屋外で吸血する)がデング熱を媒介する可能性があるため, 蚊との接触を避け, 刺されないようにすることが重要です。

   具体例

 屋外で作業する際は, 長袖, 長ズボンを着用し, 素足でのサンダル履きを避ける

 虫よけ剤等を使用し, 蚊を寄せ付けないようにする

 蚊の幼虫の発生源を作らないようにする

   (蚊は, 下水溝や廃タイヤの中等の人工的な水辺環境下でも産卵し, 増殖する)

 

厚生労働省 デング熱について

国立感染症研究所 デング熱とは

 

鹿嶋市こども福祉課では、子育て応援サイトママフレを新しく開設しました。

ママフレは、「妊娠・出産・育児」に関する「行政サービス」「相談先」「窓口」「緊急連絡先」などの情報を、妊娠中や子育て中の方にわかりやすく発信・検索できるサイトです。

 

「ママフレ」http://kashima-city.mamafre.jp/

 

 どんなサービスがあるのかな?これはどこに問い合わせたらいいのかな?という疑問を一気に解決!ぜひお役立てください。

 

 今後は、子育てに関する情報をよりわかりやすくお知らせするために、現行の「かしま子育てねっと」ママフレを整理し、コンテンツの充実を図る予定です。

 

≪問い合わせ≫

こども福祉課

TEL0299-82-2911(内線294

Emaikodomo1@city.ibaraki-kashima.lg.jp