• TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  子どもの健康

3月保健センター行事 【子どもの健康】 2017-03-01 08:30 UP!

妊婦さん向け

<マタニティ・クラス> 

日 付:

3月 1日(水)【新生児の育て方・妊娠中の栄養】

3月 8日(水)【歯を大切に・赤ちゃんのお風呂(体験)】

3月15日(水)【母乳育児について・フレッシュママ&赤ちゃんとの交流会】

時 間:いずれも13:30~15:40

対 象:初妊婦さん

持ち物:母子健康手帳、筆記用具

*保健センターには自販機はありませんので飲み物は持参をお願いします。

※参加を希望する方は,保健センターに電話で予約をお願いします。同じくらいの予定日の妊婦さんと知り合いになるチャンスですので、ぜひお気軽にご参加ください

 

お子さんの健診・相談

<育児相談>

3月14日(火)受付時間9:30~10:30

内 容:身体計測、育児相談

持ち物:母子健康手帳

※予約の必要ありません。計測だけでも来ていただいて構いませんので、お気軽にお越しください

 

<4か月児相談>

3月 9日(木)受付時間10:00~10:30

内 容:身体計測、育児・健康相談、離乳食のお話、ブックスタート

持ち物:母子健康手帳、問診票

対 象:平成28年10月生まれのお子さん

※対象者には、事前に通知をしています。平成29年2月に受診できなかったお子さんも受診できますので、ぜひお越しください

 

<9か月児相談>

3月16日(木)受付時間10:00~10:30

内 容:身体計測、育児・健康相談、試食をまじえた栄養相談

持ち物:母子健康手帳、問診票

対 象:平成28年5月生まれのお子さん

※対象者には事前に通知をしています。平成29年2月に受診できなかったお子さんも受診できますので、ぜひお越しください

 

<1歳6か月児健診>

3月17日(金)受付時間13:00~13:30

内 容:身体計測、内科健診、歯科検診、育児相談、栄養相談、歯磨き相談

持ち物:母子健康手帳、問診票、歯ブラシ

対 象:平成27年8月生まれのお子さん

※対象者には事前に通知をしています。平成27年7月以前にお生まれのお子さんで、まだ来ていない方はお子さんが2歳になるまでは利用できます。ぜひお越しください

 

<3歳2か月児健診>

3月24日(金)受付時間13:00~13:30

内 容:身体計測、内科健診、歯科検診、育児相談、栄養相談、歯磨き相談

持ち物:母子健康手帳、問診票、尿(とれない場合はなくて可)、子ども用歯ブラシ、うがいコップ、ハンドタオル

対 象:平成25年12月生まれのお子さん

※対象者には事前に通知をしています。平成25年11月以前にお生まれのお子さんで、まだ来ていない方は4歳になるまでは利用できます。ぜひお越しください。問診票が手元にない場合には、保健センターで再交付できますので、お問い合わせください

 

 

{#emotions_dlg.f378}平成28年度鹿嶋市不妊治療助成のお知らせ{#emotions_dlg.f378}

 

○鹿嶋市では,不妊治療(体外受精・顕微授精・男性不妊治療)を受けた方へ、治療費の一部助成を行います。

○対象となる治療は、平成28年4月1日から平成29年3月31日の間に終了した治療が対象です。

○1回の治療につき5万円までの助成です。不妊治療に要した費用の自己負担額から県補助金の額を引いた額が対象となります。

 

詳しくは、鹿嶋市保健センターまでお問い合わせください。 

 

【問い合わせ】

鹿嶋市保健センター(鹿嶋市役所隣)

電話 0299-82-6218

Email  kenkou2@city.ibaraki-kashima.lg.jp

 

 

感染性胃腸炎が流行しています! 【子どもの健康】 2016-12-09 16:30 UP!

茨城県内で感染性胃腸炎が流行中!

 

 茨城県内の保育所・認定こども園・小学校等において、感染性胃腸炎を疑う嘔吐・下痢の集団発生がありました。鹿嶋市の近隣市でも集団発生が確認されています。

 感染性胃腸炎は例年秋から春先にかけて患者が増加する疾患です。感染予防のために、帰宅時・食事の前・トイレの後の手洗いなどの徹底をお願いいたします。

 また、感染性胃腸炎の原因ウイルスの一つであるノロウイルスはアルコール消毒では死滅しません。ノロウイルスに有効な塩素系漂白剤等を使った消毒方法など下記よりご確認ください。

 

ノロウイルス感染を予防しましょう(鹿嶋市HP)

感染性胃腸炎について(茨城県HP)

ノロウイルスに注意!!(PDF)

 

鹿嶋市こども福祉課

TEL0299-82-2911(内線318

 

忘れていませんか?小学校入学準備に麻しん・風しん予防接種!

 

 麻しん (はしか)は,ウイルスによって空気感染する急性の発しん性疾患で,合併症で重症化する場合や,最悪の場合は死亡するケースもあります。

 

 感染力が大変強いため,免疫がないお子さんがいると,学校で集団感染を起こすことがあり,かかったお子さんは長期欠席することになります。

 

 風しんも,急性の発しん性疾患ですが,妊娠初期の女性が感染すると,胎児にも感染し,生まれてくる赤ちゃんに先天性風しん症候群と呼ばれる障害を引き起こすことがあります。


 麻しんも風しんも,予防接種が一番の予防方法で,混合ワクチンで同時に予防することができます。

 

お子さんが感染しないためだけではなく,家族や学校など周囲に感染を広げないためにも予防接種を受けましょう。

 

 また、お子さんが急に病気になってしまう等、予防接種が予定通りに進まないということも十分に考えられるため、あらかじめ余裕をもって接種することをお勧めします。{#emotions_dlg.e155}

 

平成27年度

{#emotions_dlg.e13b} 「麻しん・風しん混合  第2期 定期予防接種」 {#emotions_dlg.e13b}

 

(対象)

平成21年4月2日~平成22年4月1日生まれのお子さん

 

(接種期間)

平成27年4月1日~平成28年3月31日

 

※定期予防接種の対象となる期間を過ぎると,接種費用は自己負担となります。ご注意ください。